« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月26日 (金)

花見弁当用タッパー

ふと、以前にバザーで買った花見弁当用タッパーがあるのを思い出しました。

「お花見の時とか、花火を見に行く時とか、これに入れていけば楽しそう。(^_^)」と思って買ったのですが、考えてみると花粉症なので梅や桜の季節に外でお弁当を食べると悲惨なことになりそうだし、花火は場所取りが熾烈らしいので、使わないまま現在に至っております。(苦笑)

_1191 なんですけど、これって結構便利かもと。

いつも常備菜や夕食の残り物をタッパーにいれて冷蔵庫にしまっているのですが、いくつもタッパーを使うと出し入れに時間が掛かります。

その点、これなら出し入れは一度ですむから電気代節約になるじゃないですか。(^_^)

ささいなことですが、毎日のことなので、1ヶ月、1年、10年と考えると、大きな差になるのではと思います。

一人一人の小さな努力が、温暖化防止につながりますもんね。(^_^)

_1195 私の常備菜&残り物の保存方法の歴史を披露すると、結婚当初はのまま冷蔵庫に入れてました。

2人暮らしなので冷蔵庫内がすかすかで、ラクに入りましたので。

でも、冷蔵庫はなるべく物をいれず隙間だらけのほうが電気消費量が少なくすむ、と聞いてから、小さな容器にうつしてラップしていれるようになりました。

これはラップを使い捨てにして、もったいなかったです。わざわざゴミを作っていたようなものですね。反省。(^_^;)

その後、1つ1つのおかずをタッパーにいれて冷蔵庫にいれる方法へと移行し、現在の花見弁当用タッパーに至っております。

_1193 ところで花見弁当タッパーで冷蔵庫の開閉をなるべく少なく、そして素早くと、電気の使用量を少なくすべく努力していますが、これ、いれるところは区分けしてあってもフタは1つだけなので、洗う時の水も少なくてすむかなあと。

食べる時も、コレールの区分けされた皿を使って水の使用量を押さえていますが、電気や水道の使用量って、心がけによって随分違ってきますよね。

写真は、冷蔵庫からさっと一瞬で取り出した花見弁当タッパーの常備菜+今日のおかずをいくつか追加した昨晩のわが家の夕食です。

1人あたり茶碗+おわん+皿一枚と決めてから、洗い物が短時間ですむようになりました。

花見弁当タッパーにしても、区分けされた皿にしても、ほんなささいなことですけど、でも一人一人の小さな心がけが温暖化防止につながると思うわたしです。

5月 26, 2006 グルメ・クッキング |

2006年5月19日 (金)

千葉大の試み

新聞に、千葉大の生協でゴミ削減のため、レジ袋を有料化(5円)したという記事が載っていました。

アンケートを取ったら、捨てられてゴミになることが多いレジ袋を有料化すればゴミが減るだろうという意見が多かったそうで、実際、効果がでているそうです。

そのほかにもいろいろエコ活動が盛んとのことなので、どんな感じか、見に行ってみました。

_1177 電車を乗り継いで千葉大へ着いて、まず食堂へ。

実は、一番見てみたいものが、食堂にあるんですよ。それはゴミが1/20になるというリサイクル弁当容器

普通、お弁当を買って食べたあとはゴミ箱にポイですよね。それがリ・リパックという名前のこの容器は、食べたあと洗って回収し、リサイクルに回されるそう。

大学院も含めて何万人も在籍している総合大学での、この試み。かなり温暖化防止になっているのではと思います。(^_^)

(写真は、リ・リパック回収所。きれいに洗って回収されてました。)

_1179 それから、売店に行ってみました。入り口にはレジ袋有料化のお知らせが。

見ていると、レジの方が、1人1人のお客に「はいりますか? 5円かかりますけど。」と、声をかけていました。

たかが5円、されど5円。有料だと、本当に必要な人しか買いませんね。

見ていると、サンドイッチとコーヒーとか、文房具いくつかなど、少量の買い物の人は9割がたレジ袋を受け取っていませんでした。

それでゴミが減ったというのですから、アンケートを企画した人はすごいなあと。(^_^)

この試みが、全国の大学へ広まればいいと思います。

_1185 エコ活動はこれだけでなく、売店内にはエコ文具がたくさんありました。

たとえば修正液、キャップと容器に再生樹脂を使っているそうで、71%を再生プラスチックで作っているそうです。

ほかにもボールペン、シャープペンシルなどいろいろなエコ文具がありますが、目印はグリーン購入法適合商品というロゴ。

(見にくいですが、右上の緑色のマークです。)

おそらく千葉大生協以外でも手に入ると思いますので、私も今後は、出来るかぎりエコ文具を使おうと思ったのでした。

5月 19, 2006 ニュース |

2006年5月12日 (金)

まほうびん

_1174 そろそろ麦茶の季節になりました。

わが家では暑い季節の飲み物は麦茶が定番。たくさん作って、みんな水がわりにガブガブ飲んでます。(笑)

以前は沸かしたのを冷まして飲んでいましたが、最近は水につけておくだけのタイプの物を使っています。

味から言うと沸かして作ったほうが断然おいしいですが、沸かすためにはガスが必要だし、冷ますために水も使うので、温暖化防止のことを考えると水につけるだけのほうがいいかなあと。

まあ、一番の理由は、ラクだから!ってことなんですけどね。(笑)

ちなみに写真の麦茶は、スーパーの福引きでゲットしました。やったね。(^_^)

すみません。ちょっと自慢が入ってしまいました。<(_ _)>

_1171 それはともかく、暑い季節は冷たい麦茶が一番。でもしょっちゅう冷蔵庫をあけて飲んでいたら、電気代が掛かってしまいます。

冷蔵庫の開け閉はなるたけなくするのが電気代節約のコツなんですよね。

だったらどうしたらいいの?

ということで、暑い季節は保温タイプの水筒魔法びんが大活躍。これに作った麦茶と氷をいれておくと、冷蔵庫をあけなくとも冷たい麦茶が飲めるのです。

小型まほうびんは、遠い昔、どなたかの結婚披露宴で引き出物としていただいたもので、ほんと重宝させてもらってます。どうもありがとうございました。<(_ _)>

_1175 ところでこの保温式水筒や魔法びん、実は夏だけでなく、冬の間も活躍しています。

よくある電気湯沸かしポットだと、お湯をわかす手間がなくて便利ですけど、一日中電気代が掛かりますよね。

でもこれなら一度やかんで沸かすだけで、あとは一切ガスも電気も使いません。

温暖化防止のためにも、電気代節約のためにも、おすすめです。(^_^)

5月 12, 2006 グルメ・クッキング |

2006年5月 5日 (金)

のんびり ゆったり エコ旅行

_1160 ゴールデンウイークまっただ中。みなさん、いかがお過ごしですか?

私は茨城県の那珂湊大洗に旅行に行き、めいっぱい楽しんできました。

美味しい魚介類を食べまくり、温泉にのんびりつかり、ローカル線の風情も味わって、日本人にうまれてよかったなあって感じ。

中でも一番楽しかったのは魚市場の屋台食べ歩きで、あっちで磯牡蠣、こっちで串焼き、あげく安くて美味しい回転寿司も食べちゃって、この世は天国パラダイスって感じでした。(^_^)

(写真は回転寿司屋さんで食べた、525円のカニ汁。)

_1163 ところで、旅館でも食べ物屋さんでも、必ず割り箸がでます。これって森林破壊につながるし、ゴミになるだけですから、地球に優しくないなあと。

なので今回の旅行はマイ箸箸箱持参。わずか一泊二日の旅行でしたが、旅のあいだ合計6本の割り箸を使わないですませることができました。

多くの人がマイ箸をバックにいれるようになれば、世界中でかなりのゴミが削減できますよね。

あと海外出張の多い人と話していて、マイ箸持参って別の面でもおすすめだとわかって、びっくり。

衛生状態のあまりよくない国に出張すると、食べ物屋さんで洗ってないお箸が出てくることがよくあるそうで、「これで食べたら食中毒になるかも。」と思うことが度々あるとか。

そういう時、きれいに洗ったマイ箸があれば、安心して食べられますよね。

健康的で、地球にも優しいマイお箸。出張がちのお父さんも安心のマイお箸。

多くの人にマイお箸の良さをわかってもらいたいな~と思います。(^_^)

_1161 そのほかに持参したものは、マイ歯ブラシマイ歯磨です。

旅館に泊まるとタオルと歯ブラシのセットが出てきますが、これってもったいないですよね。

タオルのほうは自宅に持って帰る人も多いかと思いますが、歯ブラシは使い捨の人がほとんどではないでしょうか。

持ち帰ろうとして「あら、持ってかえるの?」と言われたこと、一度や二度ではないですから。(苦笑)

持って帰ればトイレ掃除や細かいところの掃除に使えて便利なのに~、というのはともかくとして、みんなが旅行に行く時マイ歯ブラシセットを持参すれば旅館側が使い捨ての歯ブラシを用意する必要がなくなり、地球全体でみたら大きなゴミの削減になると思います。(^_^)

たかが歯ブラシ、されど歯ブラシ、なんちゃって。(笑)

冗談はさておき、旅行に行く時、心がけたいことですよね。

Ibaragikoutsuu_1 今回の旅行、食べ物関係以外でよかったな~と思ったことは、一両編成のローカル線です。

時間になると駅に人が集まってきて、改札がはじまる。単線の線路の向こうにかすかな姿が見えて、やがてゴトゴトと一両編成の列車が入ってくる。

地元の人がほとんどの駅にいると、つくづく旅行に来たんだなあ~と感じます。

ローカル線って、ほんと風情がありますね。(^_^)

ガソリンの使用量を削減すれば温暖化防止につながる、というのはもちろんですが、連休中はどこも渋滞で、駐車場満杯状態。車は便利!とは言い難い状況です。

時間に制約されるとか荷物を持たなければならないとか面倒なことはありますが、たまには列車の旅もいいかなあと。(^_^)

待っている間、待合室でトランプをして過ごしたことも、楽しい旅の思い出です。(^_^)

那珂湊の魚市場へは、駅からぶらぶら歩いて10分ほど。

渋滞で全然動かない車より、歩いている私たちのほうが遙かに速かったです。(^_^)

5月 5, 2006 旅行・地域 |