« 千葉大の試み | トップページ | 漬け物容器 »

2006年5月26日 (金)

花見弁当用タッパー

ふと、以前にバザーで買った花見弁当用タッパーがあるのを思い出しました。

「お花見の時とか、花火を見に行く時とか、これに入れていけば楽しそう。(^_^)」と思って買ったのですが、考えてみると花粉症なので梅や桜の季節に外でお弁当を食べると悲惨なことになりそうだし、花火は場所取りが熾烈らしいので、使わないまま現在に至っております。(苦笑)

_1191 なんですけど、これって結構便利かもと。

いつも常備菜や夕食の残り物をタッパーにいれて冷蔵庫にしまっているのですが、いくつもタッパーを使うと出し入れに時間が掛かります。

その点、これなら出し入れは一度ですむから電気代節約になるじゃないですか。(^_^)

ささいなことですが、毎日のことなので、1ヶ月、1年、10年と考えると、大きな差になるのではと思います。

一人一人の小さな努力が、温暖化防止につながりますもんね。(^_^)

_1195 私の常備菜&残り物の保存方法の歴史を披露すると、結婚当初はのまま冷蔵庫に入れてました。

2人暮らしなので冷蔵庫内がすかすかで、ラクに入りましたので。

でも、冷蔵庫はなるべく物をいれず隙間だらけのほうが電気消費量が少なくすむ、と聞いてから、小さな容器にうつしてラップしていれるようになりました。

これはラップを使い捨てにして、もったいなかったです。わざわざゴミを作っていたようなものですね。反省。(^_^;)

その後、1つ1つのおかずをタッパーにいれて冷蔵庫にいれる方法へと移行し、現在の花見弁当用タッパーに至っております。

_1193 ところで花見弁当タッパーで冷蔵庫の開閉をなるべく少なく、そして素早くと、電気の使用量を少なくすべく努力していますが、これ、いれるところは区分けしてあってもフタは1つだけなので、洗う時の水も少なくてすむかなあと。

食べる時も、コレールの区分けされた皿を使って水の使用量を押さえていますが、電気や水道の使用量って、心がけによって随分違ってきますよね。

写真は、冷蔵庫からさっと一瞬で取り出した花見弁当タッパーの常備菜+今日のおかずをいくつか追加した昨晩のわが家の夕食です。

1人あたり茶碗+おわん+皿一枚と決めてから、洗い物が短時間ですむようになりました。

花見弁当タッパーにしても、区分けされた皿にしても、ほんなささいなことですけど、でも一人一人の小さな心がけが温暖化防止につながると思うわたしです。

5月 26, 2006 グルメ・クッキング |