« エコライフフェアで見たリサイクル | トップページ | 運転する時に »

2006年6月23日 (金)

将来 実現したい エコライフ

電気や水の使用量をおさえるとか、徒歩や自転車利用で車を使わないとか、手軽に出来る温暖化防止方法があるのにたいして、多少お金掛かるけれど検討してみてもいいかな~と思う方法もあります。

エコライフフェアでいいなと思ったのは、太陽光発電、IHヒーター、複層ガラスの3つです。

Ecotaiyoukou_1 太陽光発電というのは、屋根に取り付けた太陽電池でお日さまの光を取り込み、それを電気に替えるシステム。

これを使い、家の中をオール電化にすると、家庭で使う電気がほぼ賄えるそうです。

雨や曇りの日は足りませんが、天気のいい日に余った電気は電力会社に売れるので、トータルするとプラスになることもあるとか。

電気代が安すむ上に、CO2の排出量も随分押さえられるそうなので、地球のためにも、わが家のためにも、いいかも。(^_^)

難点は設置に少なくない金額が必要なことですが、新築や増改築の時なら低利の融資が受けられますし、補助の制度がある自治体も増えているようです。

(補助システムのある自治体 →

 http://www.nedo.go.jp/nedata/16fy/02/e/0002e005-01.html )

_1259 IHヒーターというのは、ガスを使わず料理する調理器のこと。

直火を使わないので火災の心配がなく、凸凹がなくて平なため吹きこぼれても掃除が簡単だそうです。

それに炎を使わないので鍋底のすすもないそうで、台所掃除や鍋みがきに使うの量がかなり減るかも~と思います。

だって、凸凹がたくさんあるガス台の掃除って、結構水を使いますから。(^_^;)

こちらは工事費込みで20~30万円くらいと太陽光発電ほどは費用が掛からない上、スマイルクッキング割引と言って電気代も割引になるそう。なにより掃除がラクというのは主婦にとって一番うれしい♪ことなので、前向きに検討したいと思ってます。(^_^)

_1266 複層ガラスというのは、断熱効果のあるガラスです。

いくら断熱材を使って家を作っても、冷暖房の時に窓から熱が出入りしたら、効果は低くなってしまいます。一般的に窓は家全体の1/3を占めるそうですので。

家のガラスを複層ガラスに替えると、地域や家の構造によっても違いますが、年間6万円の差がでることもあるそうです。

また、日本の住宅の窓ガラスすべてにLow-E複層ガラスを使用すると、CO2排出量を年間1700万トンも削減できるそうです。

既存の家の窓ガラスを全部取り替える!というのはなかなか難しいことと思いますが、新築の時、リフォームの時には、考えてみたほうがいいかも。

温暖化防止になる上、冷暖房費が安くすみ、一石二鳥ですから。(^_^)

以上3つが、エコライフフェアで見た将来できたらいいなの温暖化防止術です。

わが家の場合、実現可能と思われるのはIHヒーターだけですけど。(^_^;)

6月 23, 2006 住まい・インテリア |