« 小さな物も、有効活用 | トップページ | 図書館へ行こう! »

2006年7月21日 (金)

都内で見つけたエコ活動

_1282 久々に都内に行った時、「なかなかいいじゃない。(^_^)」と思ったことがありました。

1つは、バスのアイドリングストップ

六本木から新橋まで都バスに乗ったのですが、信号待ちのたびに、バス停に止まるたびに、運転手さんがエンジンを切るのです。

「こんな暑い日にエンジンを切ったら、車内が蒸し風呂状態になるのでは?」と思いましたが、案外そうでもないですね。

走り出すとまた冷房が入るので、そこそこ涼しく、快適なバスの旅が楽しめました。(^_^)

私自身は、いつも運転しながら語学のテープを聞いているので、信号待ちの時にもエンジンを切ることはありませんでした。

(エンジンを切ると、テープも止まってしまうから。)

でも、最近も全国各地で大雨のため多大な被害がでていることですし、都バスの運転手さんを見習って、信号待ちの時、エンジンを切ことにしました。

考えてみると、1~2分テープが聞こえなくなったところで、語学力がさほど変わるとは思えませんので。(^_^;)

それよりも、温暖化防止のほうが大切ですよね。(^_^)

_1262それからもう一ついいなと思ったことは、傘ふり場

よく雨の日、スーパーに行くと、傘をいれるビニール袋を配っていますね。

あれに入れないと店内がびしょぬれになってしまうからだと思いますが、あれってとっても無駄だと思います。

使い捨てで、ゴミになるだけ。日本全体で、どれだけ無駄になっているのだろうと、常々気になってました。

でも、この傘ふり場があれば、ビニール袋がなくても床がびしょぬれにならないですむのです。すごいと思いません?(^_^)

以前、何度かスーパーのモニターをして、意見をお店に伝えたことがありました。

今度モニターの機会があったら、傘ふり場の導入を提案したいと思います。

レジ袋の有料化はなかなか難しいみたいですが、この傘ふり場なら、お客さまにもすんなり受け入れられるような気がします。(^_^)

_1260この傘ふり場、品川区の大森ベルポートというビルの入り口と、JR大森駅前の居酒屋入り口で見つけました。

生まれてはじめて見たのですが、大森近辺ではごく普通にあるものなのでしょうか。

とてもいいシステムだと思うので、全国に広まってほしいです。(^_^)

7月 21, 2006 日記・コラム・つぶやき |