« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月25日 (金)

実際に、IHヒーターを使ってみました。

Dscf0048 銀座のテプコ館でIHヒーターの体験をしたばかりの私ですが、思わぬ理由で毎日の食事をIHヒーターで作ることになりました。

なんと旅行先のホテルの台所がIHヒーターだったのです。

実際に購入する前になんて、ラッキー。(^_^)

で、使ってみての感想です。

Dscf0050やっぱり、快適ですね。ほんと、料理をしていて暑くありません。

強火でチャーハンを作っても、天ぷらを揚げても、そばをゆでても、全然暑くなく、快適、快適。(^_^)

それでいて火力が強いので、チャーハンはあこがれのパラリとした仕上がり。

いいですねえ。(^_^)

今、使っているIHヒーターは、60度から270度まで温度設定ができるんですよ。(^_^)

強い火力で料理すると、お湯が沸くのも早く、料理全体がすばやく終わように思います。

IHヒーターを使うと、時間的にも節約になっている様に感じます。

あと、やっぱり掃除が、とってもラク。平らなところをぬれ布巾で拭くだけですもの。

テプコ館で「ラクですよ。」と言われましたが、自分で毎日使ってみると、ほんと実感します。

Dscf0038 ところで、実は今、わたし、中国にいます。なので、IHヒーターの説明書きも中国語で???状態。(^_^;)

でも一度テプコ館で体験しているので、なんとか使いこなしています。

初めてだったら、細かい温度設定ができるとか、料理によって押すボタンが違うとか、たぶんわからなかったと思います。

テプコ館の方々、どうもありがとうございました。(^_^)

それにしても、世界に広がるIHヒーター、すごいですね。

まさか中国の田舎町にもあるとは思いませんでした。(^_^;)

8月 25, 2006 グルメ・クッキング |

2006年8月18日 (金)

IHヒーター、体験してみました!

エコライフフェア以来気になっていたIHクッキングヒーターを体験してみようと、銀座にある東京電力テプコ銀座館へ行ってきました。

こちらでは、予約なしで誰でも調理体験ができるのです。(^_^)

Ih 体験を申し込むと、まず最初にIHヒーター全般の説明を受けます。

購入を考える時に一番気になるのが価格だと思いますが、安い機種でも基本機能で劣ることはないそうです。(これは、うれしい。(^_^)

色にこだわるとか、幅が広いものなどは高くなり、特にデザイン、大きさにこだわらないというのであれば、安い価格でも充分満足できるものがあるそうです。

ただ、各メーカーからいろいろな機種がでているため、自分はどんな使い方をするのかをよく考えて購入することが大切だそうです。

たとえば海苔やするめをあぶりたいのか、そんなことはしないので3口ともIHヒーターのほうがいいのか、温度ではなく強火とか弱火などのわかりやすい表示のものがいいのか、などなど。

多くの機種は奥のコンロがラジエントヒーターになっていて、海苔やするめをあぶることができるそうです。が、全部がIHヒーターの機種だと、そういうことはできないそう。

なので、自分のライフスタイルにあったものを購入するのが一番だそうです。

Itame 体験は、鮭を焼き、卵チャーハンを作りました。

やってみた感想ですが、一番驚いたのが暑くなことです。普通、料理をする時って、暑いじゃないですか。

「暑いから、お昼はざるそばがいい。」なんて言われると、うんざり。だって、ゆでる私は、今よりもっと暑くなるんですもの。(^_^;)

でもIHヒーターは炎がないので、料理をしてもほとんと室温が変わりません。

台所にはエアコンや扇風機が必需品!という方も多いことと思いますが、その必要は無くなりそうです。

Taoru 手入れ面では、フラットで凸凹がないので、手入れがラク=水をあまり使わずにすむ、と思いました。

使ったあとは、さっとひとふき。それでも汚れが残ってしまった時は、ラップにクレンザーをつけてこするだけでいいそうです。(^_^)

(写真は、クレンザーでこすったあと、タオルで拭き取っているところ。)

このIHヒーター、実際に掛かる電気代はガスを使った時とほとんど変わらないとのことですが、以上の点から、電気と水の節約になり、とても地球に優しい商品だと感じました。

炎がないから火事の心配が少ないという利点もありますし、わが家でも真剣に導入を考えてしまいそうです。(^_^)

東京電力テプコ銀座館 → http://www.tepco-ginzakan.com/

8月 18, 2006 グルメ・クッキング |

2006年8月11日 (金)

チェックリスト

もうすぐ旅行に行くので、チェックリストを作っています。

持っていく物のリストはもちろんですが、でかける前にしなくてはならないことのリストも大切。

特にでかける間際にやらなくてはならないことは、前もってやっておくわけにいかず、かといって絶対忘れるわけにいかないので、リストが必需品なのです。

でかける間際にすることって??

Pict0001それは、電化製品のコンセントを抜くこと。

コンセントを抜かないと待機電力が掛かってしまう電化製品、結構あるんですよね。

一泊くらいならともかく、何日か留守にする時の待機電力って、もったいないし、地球のためにも優しくない。

絶対忘れないようにしなきゃということで、リストを作ってチェック、チェック。

リストアップしたのは、エアコン、テレビ、パソコン、プリンター、スキャナー、ミニコンポ、ステレオ、フロアスタンド、電子レンジ、ウォッシュレット、洗濯機、子どもの学習机などなど。

本当はDVDレコーダーとビデオも抜いたほうがいいと思うのですが、帰宅してから時計を合わせるのが面倒なので、省略。(^_^;)

書き出してみると、結構たくさんあるんですよね。

これだけあったら、リストがないと絶対なにか忘れます。と、確信を持って言えますわ。(笑)

それにしても、全部抜くのにどのくらい時間がかかるかなあ。

コンセントが裏側で、ちょっと面倒くさいのも多いしねえ。(^_^;)

リストと言えば、日常的なチェックリストも作っています。

どんなものかというと

_1304 ・窓はしめましたか?

・ガスの元栓はしめましたか?

・部屋の電気は消しましたか?

・テレビは消しましたか?

・パソコンは消しましたか?

・エアコンは消しましたか?

・ウォシュレットは消しましたか?

では、鍵を持って、いってらっしゃい!

このリストを、玄関のドアに貼っているのです。

これを作る前は、帰宅すると電気がつけっぱなしとか、エアコンがつけっぱなしとか、結構ありました。

子どもが最後に家を出ることもありますし、一人一人が気をつけないと節約はできない。

というか、ガスの元栓とか窓なんて、開けっ放しだと危ないですよね。(^_^;)

玄関のドアなら、でかける時に必ず目に入ります。

なので、「あっ、エアコン消してないかも。」と気がついて、止めに戻ることができるのです。

なかなかグーなアイディアだと思いません??(^_^)

8月 11, 2006 旅行・地域 |

2006年8月 4日 (金)

水の有効活用?

地球温暖化のおかげで全国各地で土砂降りが続き、土砂崩れとか、橋が流されたとか、堤防決壊とか、大変な事態が続きましたね。

被害にあわれた方に、心からお見舞い申し上げます。

新聞に、「このまま温暖化が進むと、100年後には梅雨が終わるのは8月になる。」と載っていました。

今でさえも大変な被害が続いているのに、もっと大変なことになる。

1人1人が小さなことにも気をつけて、温暖化を阻止しないといけないと、あらためて思います。

幸い当地では被害が出ませんでしたが、それでも土砂降りが何日も続きました。

部屋の中から雨の様子をながめていて考えたこと。

それは、「こんなにたくさんの水が流れてしまうなんて、もったいないんじゃない?」

雨水を貯めておいて有効活用したら、水道の使用量が減って、温暖化防止に役立つんじゃないかと。(^_^)

_1302で、早速、買ってきました。ポリバケツ

雨がふりだしたら、これを庭に置いて、雨水をためるのです。(^_^)

貯めた雨水は飲用は無理だと思いますが、水槽を洗うとか、ペットボトルや牛乳パックを洗うとか、庭の水まきなどに使えると思います。

とりあえず1つだけ購入しましたが、様子を見ていい感じだったら、もう1つくらい買ってもいいかな~と。(^_^)

と、書いてるうちに思いついたのですが、貯めた雨水って洗濯にも使えるでしょうか?

すすぎはともかく、洗う時って風呂の残り湯でもいいのだから、きっと雨水でも大丈夫ですよね。

洗面所の外のポリバケツに雨水をためて、窓から汲み上げポンプで洗濯機へ。(^_^)

そうしたら、使う水の量、随分減るかも~。

水の使用量が減ったとしても水道代はたいして変わらないと思いますが、温暖化防止にはなりますよね。

やっぱりもう1つ、買うかな。(笑)

_1303_1それから、小さなバケツも1つ買いました。これはエアコンからでる水をためるため。

そんなに大量に出るわけではありませんが、それでも月間で考えると結構な量になると思います。

ささやかな節約が、少しでも温暖化防止に役立つますように。(^_^)

8月 4, 2006 生活 |