« レジ袋と段ボール | トップページ | 受け取り拒否 »

2006年10月13日 (金)

どこでもカフェ

Photo_2どこでもカフェというのが話題になっていると聞いて、行ってみました。

これは水筒を持って喫茶店に行くと、美味しいお茶やコーヒーを詰めてくれるというもの。

ペットボトル飲料を買わずにすみ、しかも美味しいモノがお安く飲めて、一石二鳥のシステムですよね。(^_^)

いつも外出する時、新しいペットボトルを買わないですむよう、手持ちのペットボトルに麦茶を詰めてでかけます。

でも飲みこみ人間の私は、電車の中でも、歩きながらでも、ちびちび飲んでしまうので、半日もしないうちに飲みきってしまいます。

その後は新しいペットボトルを買い、飲みきってしまった分はいけないことと思いつつ、荷物になるのでゴミ箱に捨てることが多いです。

なので、飲みきってしまったら補給してもらえる!というシステムはうれしい限り。

期待に胸をふくらませて出かけました。(^_^)

行ったところは、地下鉄日比谷線広尾駅からすぐのカフェ。

お店に前にメニューがありますが、どこでもカフェの値段は載ってません。

あれ?と思って、店内に入ってメニューを見ても載ってません。

あれれ?

食事をしながらしばらく観察してましたが、水筒をとりだして詰めてもらっている人は1人もいないじゃないですか。

私、間違っちゃった? どこでもカフェって、本当にあるの??

でも食べ終わってから勇気をだして「コーヒーを水筒に詰めてもらいたいんですけど。」と言うと、「アイスとホットと、どちらがよろしいでしょうか。」と、丁寧に応対してもらえました。

私が頼んだのはブラックのアイスコーヒーで、本格的な味のコーヒーを、町中で、電車の中で、楽しむことができて最高でした。(^_^)

おそらく頼めば砂糖入りとか、ミルク入りとか、対応してもらえることと思います。

喫茶店で飲めば結構な値段だと思いますけど、水筒に満タンおいしいレギュラーコーヒーを詰めてもらって千円は、お得だなあと。(^_^)

Photo_3 お店の方に聞いてみると、メニューとしては載せていないけれど、店外にどこでもカフェのプレートがあるとのこと。

「このプレートがある店はどこでも、水筒にお茶やコーヒーを詰めています。」とのことで、システム自体を知らないと、ここがどこでもカフェだってわからないかも。

存在がもっと広まるように、積極的にアピールしてもらいたいです。

今はまだ東京・名古屋・大阪・福岡に数軒あるだけですが、とてもいいシステムだと思うので、もっともっと広まってほし~。

どもでもカフェの給茶スポットについてのサイト → http://www.zojirushi.co.jp/cafe/cafe/index.html

10月 13, 2006 グルメ・クッキング |