« 古い歯ブラシ | トップページ | どこでもカフェ »

2006年10月 6日 (金)

レジ袋と段ボール

_1121_1レジ袋を受け取らないために、バッグにドイツ製のショッピングバッグを入れている、という話は以前に書きました。

http://team-6.cocolog-nifty.com/himachan/2006/03/index.html

コンパクトなので小さなバッグにも入り、いつでもどこでも携帯できて、本当に便利です。(^_^)

でもがあって、1つしか無いので、不便なのです。買い物に行くと、1袋じゃ足りないことがよくあるんですよね。

そういえば牛乳があと少ししかなかった、ビールも切らしている、あら、減塩しょうゆが安いじゃない!なんて買ったものを全部いれると、破けてしまいそう。(^_^;)

せめてもう1つ欲しいと思いつつ、通販で売っているのは高いし、買ったお店まで行くには時間とお金が掛かりすぎて。(^_^;)

なんですけど、このバッグ。自分で簡単に作れるそうなのです。

傘の生地を買ってきてミシンで縫えばいいそうで、そうかー、傘の生地かあ。確かにこれは傘の生地だ!

教えてくれたのは年輩の男性で、「まっすぐ縫うだけだから、簡単! 誰でも出来る!」だそう。

やったね。(^_^)

_008あと、お店で心がけていることは、段ボールを返こと。

じゃがいもとかタマネギとか、箱入りの野菜って、ありますよね。よく使う野菜だし、箱のほうが割安なので買いますけど、あの段ボール、無駄ですよね。

もちろんリサイクルに出すわけですが、一人一人が持ち帰ってリサイクルにだしたら、たくさんの段ボールが必要なわけで、とするとたくさんリサイクルする必要があるわけで、エネルギーの無駄だと思います。

なので、レジで「中身だけください。」と言って、段ボールをのです。

そうすれば、またお店で使えるわけで、何回も使い回して最後にリサイクルにだしたほうがいいと思いますから。

それに、なんと言っても、リサイクルに出す処理を自分でやらないで済むのがうれしくて。(^_^)

段ボールをつぶすって、結構、力仕事ですから。(笑)

ラクして、地球環境に優しくて、まさに一石二鳥!

なので、みなさん、野菜の段ボールはレジに返しましょう。(^_^)

10月 6, 2006 生活 |