« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月24日 (金)

武蔵工業大学のエコ的取り組み(電気編)

以前、千葉大が環境問題に取り組んでいると聞いて見に行ったことがありましたが、今回は横浜市にある武蔵工業大学環境情報学部が、学部全体で温暖化防止に取り組んでいると聞いて、見学してきました。

大学で初めてISO14001を取得したそうで、学内のあちこちに工夫が見られました。

と言っても大層なことではなく、家庭でも手軽にできそうなことばかり。

小さな積み重ねが積もり積もって大きな効果になるのだと、つくづく思ったりして。

_019大学について、まずトイレに入ったのですが、ここで第一のびっくり。

「最後に出る人は、電気をOFFに。」という、かわいい手書きのポスターが貼ってあるじゃないですか!

これって、いいアイディアですよね。

電気のつけっぱなしはいけないとわかっているけれど、ついつい消し忘れてしまう。とはいえ、「必ず消してください!」と張り紙をしても、あまり効果はありません。(経験者は語る。(苦笑))

でも、かわいいイラスト付きなら目立つし、「ああ、消さなきゃ。」って思いますよね。

命令口調だと無視してしまうことが多いけれど、手書きのイラストって、お願い口調に感じられますから。

_015このイラスト入りのポスター、エレベーターのところにもありました。

「えっ!? のるの?」

「あんまり のらないで~。」

お約束の手書きのイラストつきで、これを見ると、「あー、階段を使うか。そのほうが健康にもいいし。」と思ってしまうから不思議。(^_^;)

これって、家庭でやっても効果がでると思います。

私の家でもドアのところに貼り紙をしているのですが、スルーしてしまう家族がほとんど。(汗)

なので、かわいいイラストつきのものに替えてみようかと。かわいいうさちゃんが「消してね。」と言っていたら、足をとめて、パチッと消してくれそうですから。(^_^)

_038 あと、トイレや各教室にあったのは、電気消し忘れチェックシート

よくスーパーやファミレスのトイレで見かけますけど、これを作ると、意識して消すようになるのかも。

少なくとも大きなファイルがぶら下がっていたら嫌でも目に入りますし、目に入ったら消さないわけにはいかないと思いますから。(^_^)

これも早速、わが家で導入するつもり。(^_^)

温暖化防止は、小さな努力の積み重ねが大事。

そうつくづく感じた、武蔵工大の横浜キャンパスでした。

11月 24, 2006 生活 |

2006年11月17日 (金)

チラシでお皿を作ってみる

お皿を使うことって、よくありますよね。

食事の時はもちろん、おやつを食べる時にも、夜食を食べる時にも、大活躍。

ふだん使いとか、お客さま用とか、多少の違いはありますけど、基本的に一日に何度も使っています。

なんですけど、これ、使い捨てじゃないんですよね。使ったあと、洗って、また使うんですよね。

って、がもったいなくないですか?

温暖化防止のため、出来るだけ電気や水道の使用量を減らしましょう!と言っている今、使うたびに洗っているって、問題なんじゃない??

_020 と考えていて、思い出しました。以前、小学校の給食試食会に行った時のことを。

果物の皮などのゴミをいれるために、生徒が折り込みチラシでお皿を作っていたのです。

今まで、枝豆の殻入れとか、おやつを出す時などにも、お皿を使っていました。

当然、使ったあとは洗うわけで、大変もったいないことをしていたと思います。

チラシのお皿なら、使ったあと洗わずそのまま捨てるだけなので、長い目でみたら大きな節約になりますよね。(^_^)

_019_1 それに、おやつの前に、子どもと一緒にチラシでお皿を作ったら、単に食べるだけより、ずっと楽しめそう

自分が作ったお皿に、チョコレートやクッキーが入っていたら、とってもうれしいじゃないですか。(^_^)

大人のお客さまに出すわけにはいかないけれど、子どもの友だちが遊びに来た時は、みんなで一緒に作るのも楽しいかも。(^_^)

水不足で断水が多い地域では、お皿にラップをかぶせて、洗わないで済ませるというワザが使われているそうですが、わざわざラップを買ってきて使い捨てにするのはもったいないですよね。

その点、折り込みチラシなら、コストは無料。水気のないものなら、これで十分だと思います。

そうそう、汚れてしまった場合は捨てますけど、きれいなままなら、リサイクルに出すことをお忘れなく。(^_^)

11月 17, 2006 生活 |

2006年11月10日 (金)

お風呂のお湯の使い道

そろそろ朝晩冷え込む季節。でお皿を洗うのが辛いこともありますね。

_006_2 そこで思いついたのが、ペットボトルに水をいれて風呂に入れておくこと。こうしてしばらく放っておくと、中の水がぬくぬく暖まるんですよ。

これでお皿を洗えば、湯沸かし器などを利用することなくが使え、とっても経済的、かつ、地球にも優しい。

グーなアイディアだと思いません??(^_^)

_007 あと、もう一つ、お風呂とペットボトルの便利な利用方法があります。

それは、お風呂のお湯をペットボトルにいれて、たんぽがわりにしてしまうこと。(^_^)

湯たんぽって電気を使わないエコグッズですけど、買うのはもったいないじゃないですか。物を増やさないのが、温暖化防止の基本ですから。

寒い夜、ぬくぬくと暖かいペットボトル湯たんぽは、最高です。(^_^)

って、これ実は、遠い昔の学生時代に、先輩に教えてもらった生活ワザなんですけど。

「お湯をいれた一升瓶を抱いて寝ると、暖かいぜ~。(笑)」

日本酒の一升瓶を抱いて寝ると、寝相の悪いお子さまの場合、危なかったりしますけど、ペットボトルなら安全、安心。(^_^)

どちらもお風呂が温かい時でないと使えないワザですけど、せっかく暖めたお風呂、有効活用したいですよね。(^_^)

_009 朝、冷めてしまった中身は、トイレの掃除に使い、余った分は洗濯に使います。これ、実はすごく合理的な方法なんですよ。

トイレの掃除をする時って、ペットボトルに水をいれて使いませんか? ウォシュレットのノズルの掃除の時、歯ブラシでみがいたあとペットボトルの水をかけると、簡単にきれいになるんですよね。

わが家の二階には水道がないので、夏の間は、わざわざペットボトルに水を詰めて二階まで運んでいました。

これが結構面倒だったのですが、この湯たんぽを使うようになってから、気軽にトイレ掃除ができるようになりました。(^_^)

掃除好きになって、心なしか、トイレもきれいになったかな。(^_^)

11月 10, 2006 生活 |

2006年11月 3日 (金)

年賀状

年賀状発売の季節になりました。もう今年もわずかですね。

_001_1ところで、パソコンで写真付き年賀状を作るのが一般的になった今、大量の書き損じはがができませんか?

一応、試し刷りをしてから印刷しているのに、ちょっと色合いがおかしいとか、かすれてしまったとか、年に一度のご挨拶にこれじゃねえ・・・・・、と思うようなのが、結構たくさん。(^_^;)

これ、捨てるっていうのは問題外で、郵便局で手数料を払えば切手やはがきに替えてもらえます。

なんですけど、実はもっと有効活用できる方法があるんですね~。(^_^)

懸賞とか、公開番組への応募とか、そういう時にこのはがきを使うのです。

夫婦の写真入りはがきだったら、「新婚でーす。2人でぜひ見に行きたいでーす。」なんて。(笑)

子どもの写真つきなら、「超かわいい、わが家のお姫さまです。○○で遊べる日を、楽しみに待ってます~。」とか。(^_^)

家族全員の写真だったら、「うちの家族は、みんな仲良し。○○が当たったら、みんなで鍋パーティかな。」なんて書いたりして。(^_^)

この写真+コメントって、結構効果があるみたいなんですよね。

普通のはがきで応募する時より、断然当たってますから。

よく雑誌に、「なにかコメントを書いたほうがいい。」とか、「イラストを描くと効果がある。」と書いてありますけど、写真+コメントも、結構いけます。(^_^)

余ってしまった、あるいは出すにはちょっと、という写真付き年賀状がありましたら、ぜひ試してみてください。(^_^)

_002_1それから、届いたあとの年賀状もたくさんあります。

住所録にもなりますし、親戚や友人からの写真付きやコメント付きのものは保存しておきますが、印刷だけのものは1~2年くらいで破棄してしまいます。

とても取っておけませんから。(^_^;)

でもそのままシュレッダーにかけるのはもったいないので、わが家ではこれを折り紙切り紙にしてて遊んでいます。

_005年賀状を四角くたたんで、回りをぐるりと細く切っていくと、モビールにように。

これ、七夕のかざりにも最適なんですよ。(^_^)

これ、切り方によっては広げると大きな四角い形になり、「わーい、年賀状の中を、人が通れた!」という遊びができるんですね。

不器用な私が広げるとちぎれてしまうので、今回やめておきますが。(^_^;)

というわけで、冬の風物詩の年賀状。

お宅でも、有効活用してみてください。(^_^)

11月 3, 2006 生活 |