« お風呂のお湯の使い道 | トップページ | 武蔵工業大学のエコ的取り組み(電気編) »

2006年11月17日 (金)

チラシでお皿を作ってみる

お皿を使うことって、よくありますよね。

食事の時はもちろん、おやつを食べる時にも、夜食を食べる時にも、大活躍。

ふだん使いとか、お客さま用とか、多少の違いはありますけど、基本的に一日に何度も使っています。

なんですけど、これ、使い捨てじゃないんですよね。使ったあと、洗って、また使うんですよね。

って、がもったいなくないですか?

温暖化防止のため、出来るだけ電気や水道の使用量を減らしましょう!と言っている今、使うたびに洗っているって、問題なんじゃない??

_020 と考えていて、思い出しました。以前、小学校の給食試食会に行った時のことを。

果物の皮などのゴミをいれるために、生徒が折り込みチラシでお皿を作っていたのです。

今まで、枝豆の殻入れとか、おやつを出す時などにも、お皿を使っていました。

当然、使ったあとは洗うわけで、大変もったいないことをしていたと思います。

チラシのお皿なら、使ったあと洗わずそのまま捨てるだけなので、長い目でみたら大きな節約になりますよね。(^_^)

_019_1 それに、おやつの前に、子どもと一緒にチラシでお皿を作ったら、単に食べるだけより、ずっと楽しめそう

自分が作ったお皿に、チョコレートやクッキーが入っていたら、とってもうれしいじゃないですか。(^_^)

大人のお客さまに出すわけにはいかないけれど、子どもの友だちが遊びに来た時は、みんなで一緒に作るのも楽しいかも。(^_^)

水不足で断水が多い地域では、お皿にラップをかぶせて、洗わないで済ませるというワザが使われているそうですが、わざわざラップを買ってきて使い捨てにするのはもったいないですよね。

その点、折り込みチラシなら、コストは無料。水気のないものなら、これで十分だと思います。

そうそう、汚れてしまった場合は捨てますけど、きれいなままなら、リサイクルに出すことをお忘れなく。(^_^)

11月 17, 2006 生活 |