« 年賀状 | トップページ | チラシでお皿を作ってみる »

2006年11月10日 (金)

お風呂のお湯の使い道

そろそろ朝晩冷え込む季節。でお皿を洗うのが辛いこともありますね。

_006_2 そこで思いついたのが、ペットボトルに水をいれて風呂に入れておくこと。こうしてしばらく放っておくと、中の水がぬくぬく暖まるんですよ。

これでお皿を洗えば、湯沸かし器などを利用することなくが使え、とっても経済的、かつ、地球にも優しい。

グーなアイディアだと思いません??(^_^)

_007 あと、もう一つ、お風呂とペットボトルの便利な利用方法があります。

それは、お風呂のお湯をペットボトルにいれて、たんぽがわりにしてしまうこと。(^_^)

湯たんぽって電気を使わないエコグッズですけど、買うのはもったいないじゃないですか。物を増やさないのが、温暖化防止の基本ですから。

寒い夜、ぬくぬくと暖かいペットボトル湯たんぽは、最高です。(^_^)

って、これ実は、遠い昔の学生時代に、先輩に教えてもらった生活ワザなんですけど。

「お湯をいれた一升瓶を抱いて寝ると、暖かいぜ~。(笑)」

日本酒の一升瓶を抱いて寝ると、寝相の悪いお子さまの場合、危なかったりしますけど、ペットボトルなら安全、安心。(^_^)

どちらもお風呂が温かい時でないと使えないワザですけど、せっかく暖めたお風呂、有効活用したいですよね。(^_^)

_009 朝、冷めてしまった中身は、トイレの掃除に使い、余った分は洗濯に使います。これ、実はすごく合理的な方法なんですよ。

トイレの掃除をする時って、ペットボトルに水をいれて使いませんか? ウォシュレットのノズルの掃除の時、歯ブラシでみがいたあとペットボトルの水をかけると、簡単にきれいになるんですよね。

わが家の二階には水道がないので、夏の間は、わざわざペットボトルに水を詰めて二階まで運んでいました。

これが結構面倒だったのですが、この湯たんぽを使うようになってから、気軽にトイレ掃除ができるようになりました。(^_^)

掃除好きになって、心なしか、トイレもきれいになったかな。(^_^)

11月 10, 2006 生活 |