« エコプロダクツ2006年に行ってきました(食品関係) | トップページ | エコプロダクツ2006年(車関係) »

2006年12月29日 (金)

エコプロダクツ2006年(鉄道関係)

エコプロダクツ2006の会場には、JR各社のブースがありました。

鉄道でどんなエコを推進しているんだろうと興味津々でしたが、鉄道って車より地球にやさしいそう。

特に興味深かったのは、JR貨物のブースです。

毎日多くの荷物が、トラックで運ばれています。日本全体で見ると、ものすごい数のトラックです。

これを鉄道コンテナで運ぶと、CO2が83%削減されるそうなのです。

_052_1 現在、JR貨物と運送会社では、スーパーグリーンシャトル列車というシステムを推進しています。

これは定期的な利用でなくても、回数の多少にかかわらず利用できるオープンシステムで、従来のトラック輸送の時と同じロット・荷揃えのまま、輸送することができるそうです。

多くの企業が輸送方法を鉄道に切り替えたら、それだけで大きな温暖化防止になるのでは?と思います。

JR各社は、ほかにもいろいろなエコ活動をしているそうです。

_062 たとえば回収したきっぷや定期は、トイレットペーパー、社員の名刺、段ボールなどにリサイクルされるそう。

毎日全国各地の駅で、たくさん回収されるきっぷや定期、捨ててしまってはもったいないですもんね。(^_^)

また首都圏では、きっぷや定期と違って何度も繰り返し使えるSuicaが導入され、多くの方に利用されています。

これの導入により、磁気定期券の年間発行枚数は、1620万枚も削減されたそうです。

これはなんと従来より60%も減ったそうで、ものすごい効果だなあと。(^_^)

このほか、ブレーキをかけながら発電する省エネルギー車両の導入も、推進しているそうです。

なんかすごいシステムですよね。(^_^;)

JR東日本の場合、2005年度末までに、81%が省エネルギー車両になったそうです。

これは1990年と比べると、15%も消費エネルギーを削減できたことになります。

_053_3 JR東海も、より速く、より省エネルギーの東海道新幹線の開発に力をいれているそうで、現在はすべての車両が高速性・省エネルギー性にすぐれた、700系・300系の車両だそうです。

また、よりいっそう省エネルギー性を高めた次世代新幹線N700の開発も進んでいるそう。

全然知らなかったのですが、鉄道会社もいろいろ温暖化防止に努力しているんだなあと。(^_^)

そして、車より断然、地球にやさしいのだと、つくづく。

これからは、ふだんの生活はもちろん、旅行の時にも、できるだけ鉄道を使いたいと思います。

一人一人の小さな心がけの積み重ねが、温暖化防止につながると信じて。(^_^)

12月 29, 2006 旅行・地域 |