« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月26日 (金)

買った食材が古くなる前に

おーーーーーっと大変、あやうく食パンが賞味期限切れになるところでした。

危なかったーーーーー。(汗)

050_1受験生のお弁当にカツサンドを作ろうと買ったのですが、その後、誰も食べなくて。

うちの家族は、どちらかというとパンよりもご飯が好きで、気がつくとカビがはえてて捨てることもしばじはなんですよね。

「そんなあ、もったいない。だったら冷凍すればいいじゃない。」と言われるけれど、冷凍庫は食パンをまるごといれるほど余っていないし。(^_^;)

なんですけど、せっかく買ってきた食材を、ゴミとして捨てるのはもったいないし、第一、地球にやさしくないじゃないですか!

なので、あまりパンが好きでない子でも美味しく食べられるおやつを作ることにしました。

何を作ったかというと、ラスク

チーズラスクと、シュガーラスクの、二種類です。(^_^)

051_4作り方は、簡単。

食パンを四つ切りにして、表面が固くなるくらい、トースターで軽く焼きます。

それにマーガリンを塗ってから、粉チーズ砂糖をふりかけ、再びトースターへ。

こんがり焼き色がついたら、出来上がり。(^_^)

網の上で冷ましてから、ビニール袋にいれて保存します。

これ、子どもが小さかった頃に、よくつくったおやつなんですけど、すっかり忘れてました。

最近は、学校帰りに勝手に何か買って食べているので、おやつを手作りなんて、ずいぶん長いことやってませんでした。

でも、久々に作ったら、大好評。あっという間に、売り切れ。(^_^)

052_1食べないうちに悪くなってしまって、気がついた時にはゴミ箱行きって、ほんと、もったいないですよね。

でも工夫すれば、あまり人気がないものでも美味しく食べられるんだな~と、つくづく。

「おやつに食パンを食べなさい。」と言っても誰も食べませんけど、一手間かけてラスクにすれば、みんな喜んで食べますから。(^_^)

これからいつも、余った食パンは、ラスクかな~。(^_^)

1月 26, 2007 グルメ・クッキング |

2007年1月19日 (金)

電気代を節約してみる

008 廊下の電球が切れたので、取り替えました。

その際にふと思ったのですが、これ、ワット数の低い電球に替えたら、節電になるんじゃない??

ふだん過ごすところは明るくないと困るけれど、廊下なんて歩くだけだもの。

無駄な明るさはいらないよね。(^_^)

ということで、100ワットから60ワットのものに替えてみました。

暗くて見えないということはないし、かえって落ち着いた感じになって、いいかも~。(^_^)

今までワット数なんて考えたこともなくて、最初についていたものを基準にして、切れると同じものを買ってきて取り替えてました。

長年、ずいぶんもったいないことをしていたかも。(^_^;)

で、ついでにどこかワット数を下げられるところはないかな~と家の中を見回して、浴室のワット数も下げることに。

トイレも考えたのですが、「トイレで勉強すると頭に入る。」なんて聞いたことがあるので、勉強する場所は明るいほうがいいかなあ、なんて。(笑)

あと洗面所は、顔色をチェックすることも多いので明るいほうがいいと思い、パス。

結局、取り替えたのは、廊下とお風呂だけですが、これだって1ヶ月、一年、10年と、長い目で見たら大きな節約になりますよね。

ちりも積もれば山となると言いますから。

1円、2円をコツコツ貯めて、大きな貯金になるならうれしいですけど、毎日少しづつの無駄遣いがつもりつもって大きな無駄に!というのは、出来ることなら避けたいもの。(^_^;)

002 なんてつらつら考えていて、もう一つ、電気の節約方法を思いつきました。

それは、ウォシュレット

だれかいるのなら電源をいれておきますけど、誰もいないのに便座は暖房、水も温水、というのは無駄ですよね。

だから玄関のチェックリストに「ウォシュレットは切りましたか?」というのを入れて、最後にでかける人が節電モードにするようにしているのですが、これ、忘れるというか、面倒くさいから無視、ということが多いみたいなのです。

理由は、出かける用意をして玄関まで来ているのに、わざわざまた二階まで上がっていって節電モードにするのは面倒くさいから。(ため息)

まったく~と思ってましたけど、だったら二階のトイレのドアに貼り紙すればいいじゃないと。(^_^)

というわけで、早速つくって貼ってみました。

効果でるかな~。(^_^)

1月 19, 2007 生活 |

2007年1月12日 (金)

発想の転換

わが家は基本的に暖房しないので、寒いです。(苦笑)

っていうか、全員マイ半纏(はんてん)を着ているので、暖房の必要がないんですよね。(^_^)

それでも寒ければ、セーターを着ればいいもの。

なので、暖房するのは、すっごく雪が積もった日とか、年に数日程度。(笑)

(と、人に話すと、「それって異常だよ~。」と言われます。そうかな~?(^_^;)

なんですけど、朝、起きる時は、さすがに寒い。

「うっ、さむ~。ぬくぬくの布団から、出られない~。」

「でも~、早く起きなきゃ、遅刻しちゃう~。」

「でも、さむ~。」

(エンドレス、繰り返し・・・・・・。)

_005_1なんですけど、いい方法を思いつきました。

はんてんを着て寝るんです。(笑)

あー、念のために言っておきますけど、普通にはんてんを着たまま寝るんじゃないですよ。

それじゃあ、30年くらい前の、下宿している大学生じゃないですか!(笑)

でなくて、はんてんを後ろ前に着るんです。これで寝ると、起きる時、寒くなくて、快適、快適。(^_^)

状況を詳細にレポートすると、はんてんが衣服としてではなく、布団の一種として機能している、という状態かも。(笑)

ほんと、かいですから、ぜひ、お試しを!(^_^)

そういえば、遠い昔、子どもが保育園に通っていた頃、「発想の転換だよね~。」と、友人たちに賞賛されたことがありました。

それは、うしさんの靴下事件。

あと数分で出かけないと、会社に間に合わない。急がねばっ。時間がないっ。あー。(汗)

なのに、お子さまたちがケンカしてるんですよ。

_007_1 「わたしがうしさんの靴下をはくの。」

「わたしもうしさんがいい。」

洗濯してあるうしさんの靴下は一足しかなく、それをめぐっての争いは果てしなく、おさまりそうにありません。

遅刻しちゃうじゃないのよ~!!!!!

仕方がないので、1人に右側の靴下をはかせ、もう1人に左側の靴下をはかせ、残った足には別のもう一組の靴下を。(笑)

なんだかなあとは思いましたが、2人とも「うしさんの靴下だ!」と満足していましたし、会社にも間に合ったので、よかったなあと。

この事件、しばらく保育園の語りぐさになったらしいです。

見た目は全然違いますけど、発想の転換で助かった!という点では、靴下もはんてんも同じかな。(^_^)

1月 12, 2007 生活 |

2007年1月 5日 (金)

エコプロダクツ2006年(車関係)

鉄道各社のブースを見学して、車より鉄道のほうがCO2の排出量が少なく、地球環境にやさしい乗り物だとわかりました。

私自身も、できるだけ車よりも鉄道を利用しようと思います。

また、車を使う時でも、自分の車ではなく、出来る限り公共交通機関であるバスを使いたいです。

でも、中には駅まで20~30キロあるのにバスの路線がないとか、電車もバスも2時間に一便とか、どうかすると一日に3便しか走ってないとか、そういう地域があるのも事実。

そういうところに住んでいる方に対して「マイカーは地球環境にやさしくないから、乗るべきではない。」というのは現実的ではないですよね。

だったら、環境にやさしい車を開発すればいいのでは?

ということで、自動車会社各社が、エコカーを開発しているそうです。

各メーカーの車がずらりと並んだところは壮観で、多くの人でにぎわっていました。(^_^)

_066_1これは三菱自動車の電気自動車 i MiEV です。

大容量のリチウムイオン電池で動くそうで、「えっ!? 電池で!? 電池が切れたら止まっちゃうの??」と思ったら、どこでも簡単に充電できるそう。

出先などで急いでいる時は急速充電、家にいる時は深夜電力で経済的に充電できるそうです。

この電気自動車、CO2排出量がガソリン車の1/4と、環境にやさしくなっていますが、それだけでなく、経済的でもあるそうです。燃料代(電気代)がガソリンと比べて1/4だそうで、深夜電力を利用するとなんと1/13にもなるそう。

これって、車がないと生活できない地域に住んでいる方にとっては、なによりうれしいことですよね。(^_^)

私が住んでいるところも、始発が遅く、終バスが早いため、駅まで家族の送り迎えが必要なので、実用化されたらぜひこの電気自動車を購入したいと思います。

ぜひとも、ガソリン車と同じ程度の値段になるよう、頑張って開発してもらいたいですね。(^_^)

ところで、電気自動車は実用化を目指して電力会社と共同研究している段階ですが、現在発売されているガソリン車にも、環境にやさしい機種があるそうです。

従来に比べてガス排出量が50%も少ない車が発売されてますし、さとうきびやトウコロコシなどを原料に製造したフロアマットは、従来品に比べてCO2排出量が2割も少ないそう。

マイカーを持たない、乗らない、できるだけ公共交通機関を使う、というのが温暖化防止の基本だと思いますが、地域的にやむを得ない場合は、環境にやさしい車を選ぶことが大切かなあと。

_001_6エコプロダクツ2006の会場では、学校単位で見学にきている小中学生をたくさん見かけましたが、実際、大変勉強になるものでした。

各ブースでいろいろ土産がもらえますし、ゲームなどもあります。(^_^)

楽しみつつエコの勉強ができる、とっても楽しいイベントでした。(^_^)

毎年開催されているイベントだそうなので、今年は子どもと一緒に行きたいと思ってます。(^_^)

1月 5, 2007 |