« エコプロダクツ2006年(鉄道関係) | トップページ | 発想の転換 »

2007年1月 5日 (金)

エコプロダクツ2006年(車関係)

鉄道各社のブースを見学して、車より鉄道のほうがCO2の排出量が少なく、地球環境にやさしい乗り物だとわかりました。

私自身も、できるだけ車よりも鉄道を利用しようと思います。

また、車を使う時でも、自分の車ではなく、出来る限り公共交通機関であるバスを使いたいです。

でも、中には駅まで20~30キロあるのにバスの路線がないとか、電車もバスも2時間に一便とか、どうかすると一日に3便しか走ってないとか、そういう地域があるのも事実。

そういうところに住んでいる方に対して「マイカーは地球環境にやさしくないから、乗るべきではない。」というのは現実的ではないですよね。

だったら、環境にやさしい車を開発すればいいのでは?

ということで、自動車会社各社が、エコカーを開発しているそうです。

各メーカーの車がずらりと並んだところは壮観で、多くの人でにぎわっていました。(^_^)

_066_1これは三菱自動車の電気自動車 i MiEV です。

大容量のリチウムイオン電池で動くそうで、「えっ!? 電池で!? 電池が切れたら止まっちゃうの??」と思ったら、どこでも簡単に充電できるそう。

出先などで急いでいる時は急速充電、家にいる時は深夜電力で経済的に充電できるそうです。

この電気自動車、CO2排出量がガソリン車の1/4と、環境にやさしくなっていますが、それだけでなく、経済的でもあるそうです。燃料代(電気代)がガソリンと比べて1/4だそうで、深夜電力を利用するとなんと1/13にもなるそう。

これって、車がないと生活できない地域に住んでいる方にとっては、なによりうれしいことですよね。(^_^)

私が住んでいるところも、始発が遅く、終バスが早いため、駅まで家族の送り迎えが必要なので、実用化されたらぜひこの電気自動車を購入したいと思います。

ぜひとも、ガソリン車と同じ程度の値段になるよう、頑張って開発してもらいたいですね。(^_^)

ところで、電気自動車は実用化を目指して電力会社と共同研究している段階ですが、現在発売されているガソリン車にも、環境にやさしい機種があるそうです。

従来に比べてガス排出量が50%も少ない車が発売されてますし、さとうきびやトウコロコシなどを原料に製造したフロアマットは、従来品に比べてCO2排出量が2割も少ないそう。

マイカーを持たない、乗らない、できるだけ公共交通機関を使う、というのが温暖化防止の基本だと思いますが、地域的にやむを得ない場合は、環境にやさしい車を選ぶことが大切かなあと。

_001_6エコプロダクツ2006の会場では、学校単位で見学にきている小中学生をたくさん見かけましたが、実際、大変勉強になるものでした。

各ブースでいろいろ土産がもらえますし、ゲームなどもあります。(^_^)

楽しみつつエコの勉強ができる、とっても楽しいイベントでした。(^_^)

毎年開催されているイベントだそうなので、今年は子どもと一緒に行きたいと思ってます。(^_^)

1月 5, 2007 |