« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月23日 (金)

買い物バッグ

004_1環境保護のためにレジ袋を辞退する!というのは、今やポピュラーなことになってきましたけど、問題は買い物用バッグ。

なかなかいいものがなくて、悩んでました。(^_^;)

でも、便利グッズを発見しちゃったんですね~。(^_^)

レジで自分の番が来たら、すかさずカゴにセット。会計がすんだら、そのまま持って帰るだけ。

わざわざカゴから自分のバッグに詰め替える手間が省け、時間も短縮。

よいわ~。(^_^)

このバッグのいいところは、カゴにぴったりセットできるというだけでなく、見た目もなかなかグーだということ。

いくらスーパーに行くだけとはいえ、あまりカッコ悪いと、だんだん使わなくなってしまいます。

その点、ちょっとおしゃれなバッグなら喜んで使いますから、環境のためになり、時間も短縮、使っていて楽しいと、いいことずくめ。(^_^)

最近は、この手のバッグがたくさん売り場に並んでますから、自分の気に入ったバッグを買う、というのも環境保護の1つの方法かも。(^_^)

006_2なんですけど、実はもう一つ、このバッグ、便利な点があるんですね。

それは、カゴにびったりの大きさだから、1カゴ分の買い物をした時、ちゃんと全部入りきるということ。

安いから、これも安いから、こっちも安いからと買いだめしなきゃと、どんどん買ってしまうと、使い切れなくて悪くなってしまうことがありますよね。(^_^;)

でも、買うのはカゴ1つ分だけ、このバッグに入るだと決めておけば、買いすぎる心配がないのです。

これなら、いくら安いものが大好きな私でも、安売りの納豆を見て「だったら3セットほど買っておこう。」なんて思いませんから。(^_^;)

高野豆腐を買ったのに、「豆腐も安いから買っておこう。」なんて思いませんから。(^_^;)

キャベツやインスタントラーメンなど大きなものも含めて、買い物はカゴ1つ分だけと決めておけば、あと足りない分は冷蔵庫の在庫や乾物などを使って料理を作ります。

こうすれば買ったものを悪くすることなく全部食べますから、使い忘れて結局捨てるハメにというもったいないことが無くなるんですね。(^_^)

008_1そんなこんなで、とーーってもグーなお買い物バッグ

おすすめです。(^_^)

2月 23, 2007 生活 |

2007年2月16日 (金)

ストッキングで掃除

004室内用小物干しに干していた洗濯物を片づけようとしたら、ストッキングが床に落ちてしまいした。

あらら、大変と、拾い上げると、ホコリがたくさんついているじゃないですか!

うー、すごい。フローリングってホコリが目立つのよね。

というか、こんなにホコリがあるって問題じゃないの?

もっとこまめに掃除しようよ。>ぢぶん(汗)

なんですけど、このホコリまみれのストッキング、よく見るとホコリがしっかりまとわりついていて、落ちません。

試しに棚の上とかテレビの上を拭いてみると、すばやくホコリをキャッチして逃がしません。

(なにかの宣伝みたい。(笑))

キャー、すごい!! もしかして静電気のせい?

これって、すっごい便利グッズになるんじゃない?

007ということで、早速、伝線したストッキングを手近にあった段ボールにかぶせて、簡易ホコリ取り器を作ってみました。

これがあると、ピアノの下とか、テレビの下とか、手が入らないところを掃除するのも簡単、簡単。(^_^)

単にかぶせただけでなく、しわをよせたり巻き付けたりしたのは、より多くホコリを取るため。

棒をつけたら便利だな~と思いましたが、ちょうどいいサイズのものがなかったので、子どもの定規で代用。(笑)

セロハンテープで止めてあるだけなので、使う時は簡単にはずせます。(^_^)v

気をつけていても、ストッキングって、伝線してしまうもの。

今までババシャツがわりくらいにしか使ってませんでしたが、これからはどんどん掃除に使おうっと。(^_^)

とりあえず、全部の部屋の分、この簡易ホコリ取り器を作らねば。

もう少し長い、どっかにないかしらん。(笑)

2月 16, 2007 生活 |

2007年2月 9日 (金)

キャベツ鍋

023_2 ラッキー! 無農薬の大根とネギをいただいちゃいました。
ねぎと言ったら、まずですよね。
ということで、今晩はお鍋だ~。寄せ鍋だ~。(^_^)

なんですけど、その他の材料がねえ・・・・。
野菜室にあるものは、キャベツ、トマト、にんじん、グレープフルーツ、えのきだけ。
えのきだけがあるのはウレシイけれど、いくらなんでも、鍋にキャベツやトマトはまずいでしょ。(苦笑)

でも考えてみると、今までの私の鍋人生って、結構かわってきているような気が。
実家にいた頃は、野菜は白菜、ねぎ、春菊、きのこと決まっていて、あとは肉、魚、豆腐の鍋でした。
鍋というのはそういうものだと思っていたのですが、夫の実家では大根やにんじんも入るのです。
かなりカルチャーショックを受けましたけど、考えてみるとそのほうが栄養的にもグーなので、取り入れてみました。
013_1その後、もっといろいろなものをいれるとますます美味しくなると気づいて、最近の我が家の鍋物は、冷蔵庫にあるものを何でもいれてしまいます。
買い置きのチルドの餃子とかワンタンなんかをいれると、中華風のいい出汁がでて、最高の雑炊ができたりして。(^_^)
この、残り物をなんでもいれてしまう鍋物のいい点は、美味しいということもそうですけど、冷蔵庫の掃除ができることです。
買ったきり忘れていて悪くしてしまい、結局、捨てるハメに、ということがなくなりますから。
使わないで捨ててしまうほどもったいなく、かつ、地球環境に悪いことはありませんから、冷蔵庫一掃鍋は、絶対おすすめ。(^_^)

011_1ということをつらつら考えていて、ふといいことを思いつきました。
鍋にいれるのは白菜じゃなきゃいけないって決まっているわけじゃないのだから、かわりにキャベツをいれてみたらどうだろうって。
入試の日のトンカツ弁当用に買ったのですが、それっきり使わず、そろそろ食べなくてはならないリミットが近づいてます。
鍋にキャベツをいれたことはないけれど、白菜に似てるっていえば、そうだし。

というわけで、キャベツ鍋を作ってみました。
材料は、キャベツと、鶏肉、たら、ねぎ、大根、にんじん、豆腐、ワンタン。
おそるおそる食べてみると、とても美味しく、違和感なんて全然なし。
お子さまたちは、キャベツだってことに気づいてなかったくらいです。
なので、あまっているキャベツがあったら、迷わず鍋にいれてみてください。(笑)

2月 9, 2007 グルメ・クッキング |

2007年2月 2日 (金)

お風呂のお湯を減らしてみる

ところで、先日、お風呂にをいれていたときのこと、いつものようにピピピというブザーの音がしたので止めにいくと、なんとあふれそうになっているじゃないですか!
なんでこんなにお湯が入っているの?
ブザーのセンサー?が狂ってしまった??
確かにそれなりの年数はたっているけれど、しかし、なんで。

030そのとき、ふと気がついて湯量の設定を確認すると、なんと220リットルになっているじゃないですか!
うちではいつも、180リットルと決まっているのに。
180リットルで家族全員が入浴し、翌日の洗濯もして、なおかつあまるくらいなんだから、220リットルなんて余りすぎてもったいないじゃない。
誰よっ、勝手に設定を変えたのは!?

なんですけど、この一件で、あらためてお風呂のお湯について考えてみました。
いつも180リットルで余っているのだから、もう少しお湯のを減らしたほうがいいのでは?
5人家族の我が家でしたが、夫は出張勝ちで不在のことが多く、大学生は下宿しています。
人数が減った分、洗濯物だってっているわけですし、今までと同じ量のお湯というのは、もったいないですよね。

028そういえば以前に見た節約番組で、水をいれたペットボトルをいくつか湯船に浮かせる、ということをやっていました。
こうすると、少ないお湯でも、肩までゆったりつかることができるそう。
これを実践して、お湯を160リットルか140リットルくらいにしてみたらどうかしらん。

お風呂の水を洗濯に使い、食器洗いなどもなるべく水を無駄にしないよう気をつけて、これ以上節約はできないと思ってましたが、お風呂のお湯の量って盲点だったかも。
毎日のことですから、大きいですよね。
一日20リットル節約できたら10日で200リットル、一ヶ月で600リットル。一年で7200リットルも節約できることになりますから。
やらねば。(^_^)

2月 2, 2007 生活 |