2006年12月29日 (金)

エコプロダクツ2006年(鉄道関係)

エコプロダクツ2006の会場には、JR各社のブースがありました。

鉄道でどんなエコを推進しているんだろうと興味津々でしたが、鉄道って車より地球にやさしいそう。

特に興味深かったのは、JR貨物のブースです。

毎日多くの荷物が、トラックで運ばれています。日本全体で見ると、ものすごい数のトラックです。

これを鉄道コンテナで運ぶと、CO2が83%削減されるそうなのです。

_052_1 現在、JR貨物と運送会社では、スーパーグリーンシャトル列車というシステムを推進しています。

これは定期的な利用でなくても、回数の多少にかかわらず利用できるオープンシステムで、従来のトラック輸送の時と同じロット・荷揃えのまま、輸送することができるそうです。

多くの企業が輸送方法を鉄道に切り替えたら、それだけで大きな温暖化防止になるのでは?と思います。

JR各社は、ほかにもいろいろなエコ活動をしているそうです。

_062 たとえば回収したきっぷや定期は、トイレットペーパー、社員の名刺、段ボールなどにリサイクルされるそう。

毎日全国各地の駅で、たくさん回収されるきっぷや定期、捨ててしまってはもったいないですもんね。(^_^)

また首都圏では、きっぷや定期と違って何度も繰り返し使えるSuicaが導入され、多くの方に利用されています。

これの導入により、磁気定期券の年間発行枚数は、1620万枚も削減されたそうです。

これはなんと従来より60%も減ったそうで、ものすごい効果だなあと。(^_^)

このほか、ブレーキをかけながら発電する省エネルギー車両の導入も、推進しているそうです。

なんかすごいシステムですよね。(^_^;)

JR東日本の場合、2005年度末までに、81%が省エネルギー車両になったそうです。

これは1990年と比べると、15%も消費エネルギーを削減できたことになります。

_053_3 JR東海も、より速く、より省エネルギーの東海道新幹線の開発に力をいれているそうで、現在はすべての車両が高速性・省エネルギー性にすぐれた、700系・300系の車両だそうです。

また、よりいっそう省エネルギー性を高めた次世代新幹線N700の開発も進んでいるそう。

全然知らなかったのですが、鉄道会社もいろいろ温暖化防止に努力しているんだなあと。(^_^)

そして、車より断然、地球にやさしいのだと、つくづく。

これからは、ふだんの生活はもちろん、旅行の時にも、できるだけ鉄道を使いたいと思います。

一人一人の小さな心がけの積み重ねが、温暖化防止につながると信じて。(^_^)

12月 29, 2006 旅行・地域 |

2006年9月 8日 (金)

中国の街中で見たエコライフ

しばらくの中国で暮らし、スーパーで買い物して料理をする生活をしていました。

_050 一口にスーパーと言っても、日本とはずいぶん異なります。

一番違うと思ったことは、肉、魚、野菜、果物、米、豆などが量り売だということです。

トマトでもスイカでも、まず計る係の人のところに持って行き、値段をつけてもらってからレジへ

日本でもよく、自分でビニール袋にいれること、ありますよね。ピーマンとかミニトマトとか、袋にいれほうだいで○○円とか。

できるだけ多くいれたほうがお得なんですけど、中国の場合、たくさんいれたらその分、お金も払うわけで、どっちが得なんでしょう。(苦笑)

_097 もそうで、骨付き肉でも挽肉でも山盛りいっぱい積んであり、それを皆それぞれ勝手にビニール袋に詰めて、係の人に計ってもらうのです。

うー、ワイルド~。(笑)

骨付き肉は何度か買いましたけど、挽肉は、あまりにワイルドすぎて、最後まで買う勇気がでませんでした。(^_^;)

最初は「ひぇ~。」と思いましたが、考えてみると、これって、すっごく、温暖化防止に貢献しているなあと。

トレイに入っているものがほとんどなく、ビニール袋を一枚使うだけ。究極の簡易包装ですよね。

で、これで充分なんですよね。(^_^)

トマトだって、ブドウだって、トレイにのっている必要なんてないですもん!

中元歳暮の簡易包装が叫ばれてかなりたちますが、生鮮食品の包装な簡易化されるといいなあと思います。

このシステムが、日本にも取り入れられますように。(^_^)

_282 それからもう一つ、割り箸を見かけないことです。

日本では、割り箸、どこでも見かけますよね。

お店に入っても、コンビニでも、弁当屋さんでも、当たり前にように出てきます。

でも、中国では見かけないのです。

これは贅沢品として高い税金がかけられ、製造コストが上がった、というのが理由らしいのですが、その根底には、割り箸を作るための森林伐採が、温暖化につながるから、というのがあるそうです。

私自身は日本にいる時もなるべく割り箸を使わず、出来るだけマイ箸箱を持参するようにしていますが、私ひとりがやったところで効果は微々たるもの。

中国のように税金をかけるとか、政府が抜本的に何かやってくれればと思います。

割り箸業者の方は大変かと思いますが、温暖化防止のためには仕方ないのではと思いますので。

9月 8, 2006 旅行・地域 |

2006年9月 1日 (金)

中国のホテルで感じたエコライフ

しばらく中国の田舎町に滞在して、日中両方の暮らしを体験することができました。

それぞれいい所、悪い所があると思いますが、中国のほうがエコ的だな~と感じたことをあげてみます。

Dscf0080_1まず、ホテルの部屋の電気が、ドアをしめると冷蔵庫以外、全部切れてしまうこと。

これって、すごいと思いません??

自分の家ならともかく、ホテルだと電気代を気にする必要がないため、つけっぱなし。

外出する時も、「帰った時、部屋が暑いとイヤだから。」と、エアコンをつけっぱなしという方、結構多いのではないでしょうか。

でも、ドアをしめて廊下にでたとたん自動的に電気が切れれば、消し忘れの心配がなく、確実に節電できます。

いいシステムですよね。(^_^)

日本のホテルでも取り入れてもらいたいなあと。(^_^)

Dscf0051それから、トイレットペーパーの予備がないこと。(笑)

普通、1つか2つは予備があると思いません? それがないんですよ。1つも。(^_^;)

毎日掃除して、タオルなども取り替えてくれますが、トイレットペーパーは残りがあれば、そのまま。

え~、無くなっちゃったら、どーするの!?

もちろん、そういう時はフロントに電話すればすぐにもってきてくれますが、何度も何度もは頼みにくいし、そもそも英語も中国語も会話力に問題がある私には、極めてハードルが高い話で・・・・。(^_^;)

この予備がないシステムがいいと思った点は、紙の無駄遣が減ったことです。

トイレットペーパーを勢いよくガラガラとひっぱる人、よくいますよね。

でも残り少ないと思えば、そんなに無駄には使いません。必要最低量で済ませます。

よくシングルでもダブルでも使う長さは変わらないからシングルのほうが経済的と聞きますが、必要な量はどのくらいなのか、一度、初心に立ち返って考えてみることが必要かもしれません。

このホテル暮らしを経験して、私も子どもたちもトイレットペーパーを以前より大切に使うようになったと思います。

って、実はこのシステム、予備を置いておくと自宅に持ち帰ってしまう人が多いから。(笑)

という噂もありますが、どうなんでしょうね。

9月 1, 2006 旅行・地域 |

2006年8月11日 (金)

チェックリスト

もうすぐ旅行に行くので、チェックリストを作っています。

持っていく物のリストはもちろんですが、でかける前にしなくてはならないことのリストも大切。

特にでかける間際にやらなくてはならないことは、前もってやっておくわけにいかず、かといって絶対忘れるわけにいかないので、リストが必需品なのです。

でかける間際にすることって??

Pict0001それは、電化製品のコンセントを抜くこと。

コンセントを抜かないと待機電力が掛かってしまう電化製品、結構あるんですよね。

一泊くらいならともかく、何日か留守にする時の待機電力って、もったいないし、地球のためにも優しくない。

絶対忘れないようにしなきゃということで、リストを作ってチェック、チェック。

リストアップしたのは、エアコン、テレビ、パソコン、プリンター、スキャナー、ミニコンポ、ステレオ、フロアスタンド、電子レンジ、ウォッシュレット、洗濯機、子どもの学習机などなど。

本当はDVDレコーダーとビデオも抜いたほうがいいと思うのですが、帰宅してから時計を合わせるのが面倒なので、省略。(^_^;)

書き出してみると、結構たくさんあるんですよね。

これだけあったら、リストがないと絶対なにか忘れます。と、確信を持って言えますわ。(笑)

それにしても、全部抜くのにどのくらい時間がかかるかなあ。

コンセントが裏側で、ちょっと面倒くさいのも多いしねえ。(^_^;)

リストと言えば、日常的なチェックリストも作っています。

どんなものかというと

_1304 ・窓はしめましたか?

・ガスの元栓はしめましたか?

・部屋の電気は消しましたか?

・テレビは消しましたか?

・パソコンは消しましたか?

・エアコンは消しましたか?

・ウォシュレットは消しましたか?

では、鍵を持って、いってらっしゃい!

このリストを、玄関のドアに貼っているのです。

これを作る前は、帰宅すると電気がつけっぱなしとか、エアコンがつけっぱなしとか、結構ありました。

子どもが最後に家を出ることもありますし、一人一人が気をつけないと節約はできない。

というか、ガスの元栓とか窓なんて、開けっ放しだと危ないですよね。(^_^;)

玄関のドアなら、でかける時に必ず目に入ります。

なので、「あっ、エアコン消してないかも。」と気がついて、止めに戻ることができるのです。

なかなかグーなアイディアだと思いません??(^_^)

8月 11, 2006 旅行・地域 |

2006年5月 5日 (金)

のんびり ゆったり エコ旅行

_1160 ゴールデンウイークまっただ中。みなさん、いかがお過ごしですか?

私は茨城県の那珂湊大洗に旅行に行き、めいっぱい楽しんできました。

美味しい魚介類を食べまくり、温泉にのんびりつかり、ローカル線の風情も味わって、日本人にうまれてよかったなあって感じ。

中でも一番楽しかったのは魚市場の屋台食べ歩きで、あっちで磯牡蠣、こっちで串焼き、あげく安くて美味しい回転寿司も食べちゃって、この世は天国パラダイスって感じでした。(^_^)

(写真は回転寿司屋さんで食べた、525円のカニ汁。)

_1163 ところで、旅館でも食べ物屋さんでも、必ず割り箸がでます。これって森林破壊につながるし、ゴミになるだけですから、地球に優しくないなあと。

なので今回の旅行はマイ箸箸箱持参。わずか一泊二日の旅行でしたが、旅のあいだ合計6本の割り箸を使わないですませることができました。

多くの人がマイ箸をバックにいれるようになれば、世界中でかなりのゴミが削減できますよね。

あと海外出張の多い人と話していて、マイ箸持参って別の面でもおすすめだとわかって、びっくり。

衛生状態のあまりよくない国に出張すると、食べ物屋さんで洗ってないお箸が出てくることがよくあるそうで、「これで食べたら食中毒になるかも。」と思うことが度々あるとか。

そういう時、きれいに洗ったマイ箸があれば、安心して食べられますよね。

健康的で、地球にも優しいマイお箸。出張がちのお父さんも安心のマイお箸。

多くの人にマイお箸の良さをわかってもらいたいな~と思います。(^_^)

_1161 そのほかに持参したものは、マイ歯ブラシマイ歯磨です。

旅館に泊まるとタオルと歯ブラシのセットが出てきますが、これってもったいないですよね。

タオルのほうは自宅に持って帰る人も多いかと思いますが、歯ブラシは使い捨の人がほとんどではないでしょうか。

持ち帰ろうとして「あら、持ってかえるの?」と言われたこと、一度や二度ではないですから。(苦笑)

持って帰ればトイレ掃除や細かいところの掃除に使えて便利なのに~、というのはともかくとして、みんなが旅行に行く時マイ歯ブラシセットを持参すれば旅館側が使い捨ての歯ブラシを用意する必要がなくなり、地球全体でみたら大きなゴミの削減になると思います。(^_^)

たかが歯ブラシ、されど歯ブラシ、なんちゃって。(笑)

冗談はさておき、旅行に行く時、心がけたいことですよね。

Ibaragikoutsuu_1 今回の旅行、食べ物関係以外でよかったな~と思ったことは、一両編成のローカル線です。

時間になると駅に人が集まってきて、改札がはじまる。単線の線路の向こうにかすかな姿が見えて、やがてゴトゴトと一両編成の列車が入ってくる。

地元の人がほとんどの駅にいると、つくづく旅行に来たんだなあ~と感じます。

ローカル線って、ほんと風情がありますね。(^_^)

ガソリンの使用量を削減すれば温暖化防止につながる、というのはもちろんですが、連休中はどこも渋滞で、駐車場満杯状態。車は便利!とは言い難い状況です。

時間に制約されるとか荷物を持たなければならないとか面倒なことはありますが、たまには列車の旅もいいかなあと。(^_^)

待っている間、待合室でトランプをして過ごしたことも、楽しい旅の思い出です。(^_^)

那珂湊の魚市場へは、駅からぶらぶら歩いて10分ほど。

渋滞で全然動かない車より、歩いている私たちのほうが遙かに速かったです。(^_^)

5月 5, 2006 旅行・地域 |